高周波焼入れ、レーザ焼入れのことなら高周波熱処理専門メーカーの富士高周波工業。

高周波焼入れ

単品、量産、試作、大型品まで自社製コイルで対応

高周波焼入れ

高周波焼入れに特化して

保有コイル数以上

高周波焼入れ3つの強み

必要な「深さ」に対応

6KHz~200KHz、10KW~600KWまでの様々な高周波発振機を保有しており、図面のスペックに沿った高周波焼入れが可能です。

コイルを「自社製作」

コイルを自社内ですべて製作しています。自社内で完結させることで、コスト面、納期面で有利になります。

単品・大型品「実績多数」

長年の実績で培われたノウハウを武器にインライン化できない、単品、量産、小型、大型、試作品をお客様の仕様に合わせて加工させて頂きます。

加工能力

ギヤ

ギヤ

  • 材質
  • S45C・S50C・SCM435・SCM440など
  • 対応可能サイズ
  • 直径:〜φ4,000mm 重量:7.0t
  • モジュール
  • 〜M80
  • 有効硬化層深さ
  • 〜10.0mm

シャフト

シャフト

  • 材質
  • S45・S50C・SCM435・SCM440など
  • 対応可能サイズ
  • 直径:〜φ200mm 長さ:〜4,000mm
  • 直径:〜φ1,000mm 長さ:〜2,500mm
  • 直径:〜φ400mm 長さ:〜6,000mm(横焼)
  • 有効硬化層深さ
  • 〜5.0mm

リング

リング

  • 材質
  • S45・S50C・SCM435・SCM440など
  • 対応可能サイズ
  • 直径:〜φ4,000mm レース径:〜Φ5〜85mm
  • 2分割の場合、φ6,000mm
  • 6分割の場合、φ8,000mm
  • 有効硬化層深さ
  • 〜4.0mm

カム

カム

  • 材質
  • S45・S50C・SCM435・SCM440など
  • 対応可能サイズ
  • 直径:〜φ1,2000mm
  • ※溝カム・カムシャフト・円筒カムなど
     特殊形状にも対応します。
  • 有効硬化層深さ
  • 〜10.0mm

レール

レール

  • 材質
  • S45・S50C・SCM435・SCM440など
  • 対応可能サイズ
  • 幅:〜300mm 長さ:〜6,000mm
  • ※V溝レール・山型レール・コの字レールなど
     特殊形状にも対応します。
  • 有効硬化層深さ
  • 〜10.0mm

その他

その他

  • 実績
  • ・巻き上げドラム
  • ・破砕用刃物
  • ・鋳造品(FC・FCD材)
  • ・多品種少量品
  • ・高周波ロウ付け
  • ・高周波焼き戻し

高周波焼入れ設備

高周波発振機

設備名 出力 周波数 特記事項
TR-150
(2021年)
200KW 200KHz 小型品(単品~量産)
量産シャフト(10万本/月以上)
TR-200-4
(2017年)
200KW 50KHz ギヤ(歯底、歯面移動、φ4,000)
ベアリング(φ2,000)
TR-200-3
(2015年)
200KW 30KHz レール(L6,000×W300)
ギヤ(歯底、歯面移動、φ4,000)
TR-600
(2013年)
600KW 6KHz ギヤ(φ1,200まで一発焼入れ可)
シャフト(φ1200×L3,000×5t)
TR-120
(2012年)
120KW 100KHz クランクシャフト量産
カムシャフト量産
足回り部品量産
TR-200-2
(2011年)
200KW 30KHz ロボットの減速機量産
(~50,000ヶ/月)
TR-200-1
(2006年)
200KW 9.8KHz 工作機械用ボールネジ
(~L4,000)
TR-100
(2006年)
100KW 9.8KHz ベアリング軌道焼入れ
(~φ4,000)
TR-250
(2004年)
250KW 9.8KHz 減速機部品量産
足回り部品量産
VT-50
(1985年)
50KW 200KHz φ4~6小径シャフト
(~200,000本/月)

TR-600

TR-600

TR-100

TR-100

TR-200-5

TR-200-5

TR-200-1

TR-200-1

焼戻し炉

設備名 最高温度 サイズ
F-1炉 400℃ 台車式バッチ式型電気炉
W2,600mm×L3,000mm×H1,400mm
F-2炉 600℃ 台車式バッチ式型電気炉
W1,000mm×L1,300mm×H800mm

歪矯正機

設備名 プレス圧 対応サイズ
油圧式矯正機 100ton 角モノ:L4000×W500×80t
丸物:φ130×L4,000

その他附帯設備

設備名 特記事項
天井走行クレーン 5ton×3基 / 2.8ton×2基
フォークリフト 1.8t×1台

高周波焼入れ技術

高周波焼入れを行う目的

高周波焼入れは、耐摩耗性、疲れ強さ、じん性の向上を目的とした鋼の表面硬化法として広く活用されている。

  • ・表面硬さが高く、優れた耐摩耗性、疲れ強さが得られる
  • ・表面圧縮残留応力が大きく、優れた疲れ強さが得られる
  • ・組織が微細で、優れた延性、じん性、疲れ強さが得られる
  • ・脱炭がほとんど見られず、疲れ強さの低下や不安定化の心配が少ない

高周波焼入れ技術に関する詳細な情報は、こちらから

技術レポート

「高周波焼入れ」に関連する事例一覧

ラックギヤ高周波焼入れ

■規格
材質:S45C
硬度:HRC58
深さ:2.0mm

大型レバー高周波焼入れ

■規格
材質:S45C
硬度:HRC58
深さ:3mm

φ150シャフト高周波焼入れ

■規格
材質:S45C
硬度:HRC58
深さ:2mm
サイズ:φ150×L1700

ウォーム軸一歯回転焼入れ

■規格
サイズ:M12×φ110×L625
材質:SCM435
硬度:Hs67
深さ:2.0mm

リングガイドウェイ高周波焼入れ

■規格
材質:SUS440C
硬度:HRC55
深さ:2.0mm以上
サイズ:φ1109×24W

スピンドルインターナルギヤ高周波焼入れ

■規格
寸法:MP8×100W×385L
材質:S45C
硬度:Hs65
深さ:2mm以上

中間ジョイント高周波焼き入れ

■規格
寸法:φ540×1960
材質:SCMN439
硬度:Hs60
深さ:1.8mm

L字プレート高周波焼入れ

■規格
材質:S45C
硬度:HRC58
深さ:2.0mm

レーザ焼入れによるソフトゾーン対策

■規格
品名:リング
材質:S45C
硬さ:HRC60

Φ720ギヤ歯底一発高周波焼入れ

■規格
寸法:M12 ×60T×250W×φ720
材質:SCM440
硬さ:Hs60~70

ヘリカルギヤ一歯移動歯先高周波焼入れ

■規格
M18×80T×340W×φ1440
材質:SCM435
深さ:PCDにて2.0mm以上
硬さ:Hs65~75

高周波焼き入れシャフト キー溝底面レーザ焼入れ

■規格
寸法:φ80×1229
材質:S45C
深さ:0.5~1.0mm
硬さ:Hs70以上

PAGETOP
Copyright © 富士高周波工業株式会社 All Rights Reserved.