高周波焼入れ、レーザ焼入れのことなら高周波熱処理専門メーカーの富士高周波工業。
事例
詳細検索設定
■技術
■困りごと
■形状

その他

大型レバー高周波焼入れ

■規格
材質:S45C
硬度:HRC58
深さ:3mm

ストッパー先端レーザ焼入れ

■規格
材質:S45C
硬度:HRC58
深さ:0.5mm

凸部端面レーザ焼入れ

■規格
材質:S45C
硬度:HRC45以上
深さ:0.7mm

ヘッドレンチ取付部レーザ焼入れ

■規格
寸法:□9.6mm部
材質:SCM440
硬度:HRC58
硬化層深さ:0.3mm

材質違いによるレーザ焼入れ性の違い

■実験方法
100mm幅のレーザ焼入れにおいて、S50CとSCM440を同条件にて焼入れした場合、どのような差異が現れるのかを調査した

幅広レーザクラッディング

■規格
母材:SUS304
肉盛り粉末:stellite#6
肉盛り幅:16mm
肉盛り高さ:1.5mm

複雑形状ブロックレーザ焼入れ

■規格
材質:S45C
深さ:0.4~0.8mm
硬さ:HRC55~57

眉型ピストンAレーザ焼入れ

■規格
寸法:L1007×W310×T157
材質:S35C
深さ:0.5~1.0mm
硬さ:HRC40以上

PAGETOP
Copyright © 富士高周波工業株式会社 All Rights Reserved.