規格

  • 材質:S45C
  • 硬度:HRC45以上
  • 深さ:0.7mm
凸部端面レーザ焼入れ

背景

高周波焼入れだと、他の部分に熱影響を与えずに凸部端面のみを硬化させるのは難しい
他の部分に熱影響が入ることで、歪が出てしまい、後加工が必要になる可能性が高い

メリット

レーザ焼入れであれば、凸部端面のみをピンポイントで狙い、硬化させることができる
不必要な部分にはほとんど熱影響がなかったので、熱処理後の歪も問題無かった

動画での紹介

PDFダウンロード