規格

  • 寸法:φ500×T297
  • 材質:SCM440
  • 深さ:0.5~1.0mm
  • 硬さ:HRC60
テーパーコーン外周レーザ焼入れ

背景

高周波移動焼入れで行うと、ソフトゾーン(SZ) が大きくなる(約10mm)
また、一発焼入れで行うと、径の小さい部分でギャップが大きくなり、硬度ばらつきが出やすい

メリット

レーザ焼入れは、約1.5mmのSZで焼入れ出来る(本案件は円周方向にSZ)
SZが少ないため、耐久性が向上する
また、1ラインずつ焼入れするので、硬度のバラツキが無い

動画での紹介

PDFダウンロード