規格

  • 寸法:□9.6mm部
  • 材質:SCM440
  • 硬度:HRC58
  • 硬化層深さ:0.3mm
ヘッドレンチ取付部レーザ焼入れ

背景

高周波焼入れでは、□9.6mm部の内側面のみを硬化させるコイルを製作するのが困難で、熱影響により必要の無い箇所を硬化させてしまうため、熱処理後の歪の原因となってしまう

メリット

レーザ焼入れにより、コイルの製作は不必要となった
また、□9.6mm部の内側面のみをピンポイントで硬化させることで、熱処理後の歪はほとんど発生しない

動画での紹介

PDFダウンロード