規格

  • 材質:S45C
  • 硬度:HRC55〜57
  • 深さ:0.5〜0.8mm
ローレット加工面レーザ焼入れ

背景

ローレットの先端部のみ焼入れ硬化させたかったが、高周波焼入れだと、底面まで硬化してしまい全体的に歪が発生してしまう
さらに、加工の都合上肉厚が薄くなっている部分はエッジ効果で溶融する恐れがある

メリット

相手物と接触する先端部分のみを硬化させることで、熱処理による歪を最小限に抑えた
さらに、レーザ焼入れであれば、裏面に対して歪矯正焼入れができるので、さらに歪を軽減することができた

動画での紹介

PDFダウンロード