規格

  • 寸法:L1030×H800×T550
  • 材質:SCM440
  • 硬度:HRC60
  • 深さ:1.0mm
φ600金型内径レーザ焼入れ

背景

最終的に半分に割られる金型のため高周波焼入れでは、焼入れ後に半分に割る時に大きく歪が発生してしまう可能性があった
そのため、歪の少ない熱処理方法が必要であった

メリット

レーザ焼入れでは、25mm程度の硬化幅でストライプ状に焼入れを行う為、硬化部が1ラインずつ分断され、硬化による応力が全体的に分散し歪が抑えられる

動画での紹介

PDFダウンロード