規格

  • 寸法:Φ336×T190
  • 材質:SCM435
  • 硬度:HRC57
  • 深さ:0.5mm
スパイラルベベルギヤ歯面レーザ焼入れ

背景

高周波焼入れを行う場合、歯の形状に合わせた専用コイルが必要になる
しかし、年間数個程度しか流動しない単品に、高額な専用コイルを作るためのコストは掛けられない

メリット

レーザ焼入れでは、焼入れしたい部分にレーザ光の焦点が合えば加熱できるため、高周波焼入れでは必須となる専用コイルも不要
また、熱処理後の変形も少なく、必要な部分だけに焼入れを行う事が出来る

動画での紹介

PDFダウンロード