規格

  • 寸法:L720×Φ618×Φ201
  • 材質:S45C
  • 硬度:HRC58
  • 深さ:0.6mm
クランプダイ内径R面レーザ焼入れ

背景

高周波焼入れでは、内径R部の凸面両側にあるエッジ部で焼き割れが生じるリスクが非常に高いため、凸面だけを安全に焼入れする事は難しい
また、熱処理後の歪による寸法変化も懸念される

メリット

レーザ焼入れは、エッジのある部分でも焼き割れの危険を冒さず局所的に焼入れすることが可能
本案件においては、レーザ焼入れ後の熱処理歪はほとんど発生していない

動画での紹介

PDFダウンロード